torii sakiko



Text Size : A A A

音楽は開店休業だったけれど無事今年が終わろうとしている。無事、と言えるのかどうかわからないけれど、時は経つから必ず正月が来るのは確かで、二週間後にはあけましておめでとうなんて言って喜んでいるのだと思う。娘の生まれる前に出演予定だったライブが中止になった原因の妊娠性痒疹は背中と脚にたくさんの打ち身のような痕を残したものの湿疹自体は消えて、まだ公共浴場やプールには行けないけれどしっかり服を着ていれば気にすることなく生活できるようになった。息子が小学生、娘が保育園生になる頃までに痕が消えて一緒にプールへ行くのが当面の目標。
酉年だと言うのに娘を迎えるにあたり3匹の鶏(ピッピ、ハツ、シャク)をキツネに持っていかれ悲しみもあり、日照不足で農業にも影響の出た一年ではあったけれど、なにより誰より可愛い娘が我が家にやって来て、息子には毎日困らされてしまっているけれどお喋りができるようになってきていて、それからお酢が製品になったことでもう十分に良い年だった。十日前に新しい鶏(ユキとミキ)がコッコのお嫁さんに来て、終わりよければではないけれどとても良かった。
先週家族全員で小川美潮さんに会いに行ったら「家族って良いね〜!」と言われた。美潮さんにはお姉さんやお父さんがいるし、格好良いプロミュージシャンが大勢サポートしているけれど、夫の大川さんは空の上で子どもはいない。美潮さんのようになりたかった私に美潮さんがくれた言葉なのだから、とても意味のあるものだった。せっかくできた家族を毎日いっぱい笑わせてあげられるよう(また同じことを言うようだけれど息子には本当に困らされてしまっている中でも)明るく楽しい大人でいたいと思う。明るく楽しい大人って、きっと本当の大人だ。
お疲れさま酉年、いらっしゃい、大人な戌年。
Img_01bb31883e6d66b39dfdce7e220be607
Img_a16ed5ca37805e9d60207c3b69eff782
Img_c109b8b4352e07c847822d1f550c3f87