torii sakiko



Text Size : A A A

この2週間台風のような毎日を送っている。実際に大きな台風もあり、我が家は停電など被害はなかったものの息子がRSウイルスとう風邪を園からいただき高熱に咳に嘔吐のため1週間、娘は突発性発疹で10日、夫は草刈りが忙しく咳が治らないまま、元気だった私も一昨日喉の痛みで声が出なくなりこみ上げてくる咳が続いている。恥ずかしいことなのだけれど、季節の変わり目には十分に注意が必要と思い知ったので良かった。子供2人にべったり手をかけながら家に居る時間が長かったので押入れから食器棚まで、家の中の夫の部屋以外年末の大掃除を終えることができた。明日の雨予報の雨量次第で来週から稲刈り一ヶ月、小麦の播種と大豆の刈取りなどに伴う事柄終われば正月が来る。そんなわけで生協の宅配員の若い女性に「うちは来週から怒涛の日々を終えたらもう正月が来ていると思う」と言ったら、全然通じずポカンとされてしまった。きっと3ヶ月あれば一恋できるくらいに若くて、毎日が辛くも楽しいときなのだろうと思う。宅配員の女性のことを我が家ではオネンジャと呼んでいるのだけど(息子流の“おねえさん”がオネンジャなのだ)、オネンジャも恋をしていつか子供が欲しいと言い時々恋愛話を嬉しそうに喋りながら宅配してくれる。微笑ましい限りなのだけれど、大掃除で見つけた写真(この写真)を見て産後鬱にはお気をつけてとアドバイスしたくなった。3年半前のこと、私はほとんど覚えていないし、息子のゼロ歳時の記憶がない。本当にない。産前産後は毎日のように泣いていたし、誰かに助けて欲しい一心だったような気がする。そういうことを全部忘れて生まれて来た娘の育児は楽しく、涙も出ず、未来を感じて仕事に励むこともできて息子のときと大違いだ。風邪をひいていても咳が止まらなくても未来を感じられる心に、成長したナー、と我ながら褒めてやりたくなった。生きているといろいろあるけれど、心の健康がすべてを支配しているのは確かで、現代の病気や動向がついつい心配になってしまう。
Img_7637123dd789c4eb01709cfae5fcfa2b