torii sakiko



Text Size : A A A

庭のふきのとうが成長し食べられなくなったところでこんどは次々にこごみやなずな、スギナやカラスノエンドウ、つくし等生え始め、天ぷらやお浸しやバター炒めで春を楽しんでいます。花は梅と木蓮が散り、花桃が咲き始めてはいますが桜はまだ、お花見はもう少し先になりそうです。
そういう庭で息子と遊んだり、縁側でお茶を飲んでお菓子を食べたりして毎日悠長に暮らしています。暮らしの不安も不便も何も無いかのようで恥ずかしくなるくらい悠長なのですが、たった一人わたしの事情で世界へ飛び出すことが出来ないので家でじっとしているとも言えます。そんな様子に「次の子は?」と会う人会う人が言うようになって辟易するのですが、わたしのやり残した仕事や、幾度も死にたくなってしまう妊娠中や、里帰り出来ない状況をどうしてくれますか、とは言い返さず今のところははぐらかしています。あまりにしつこい場合、幸せの尺度は人それぞれなのだと感じさせるべくダンゴムシやトカゲを追いかけては笑う姿でも見せて、なんとも言えない気持ちになるような詩ばかり呟いてやろうと思っています。ご注意下さい。
Img_38bf431188cd8263f7a844fc39450c05
庭の桜が咲きようやく我が家にも春が届きました。春と共に急に歩けるようになった息子がてんとう虫やダンゴムシ、水遊び砂遊びに夢中になっているうちに、わたしは夫の農作業を手伝えるようになり現場復帰できた気がしています。育苗箱にひたすら土を詰めるだけでも家事育児以外で役に立てる喜びは大きく、生きていて楽しいと思わせてくれます。芽吹きの季節で極端に浮いているだけなのかもしれませんが、おかげで次の演奏に向けて努力できそうです。
次回は7/30、高円寺のジロキチにて演奏します。いつも通り渋谷毅さんにもご一緒お願いしました。
Img_f9f87d39f57e2bec5341d2dc32ace546
7/30(土)高円寺 ジロキチ open 18:30 start 19:30 予約 2500円 / 当日 2800円