torii sakiko



Text Size : A A A

この2週間台風のような毎日を送っている。実際に大きな台風もあり、我が家は停電など被害はなかったものの息子がRSウイルスとう風邪を園からいただき高熱に咳に嘔吐のため1週間、娘は突発性発疹で10日、夫は草刈りが忙しく咳が治らないまま、元気だった私も一昨日喉の痛みで声が出なくなりこみ上げてくる咳が続いている。恥ずかしいことなのだけれど、季節の変わり目には十分に注意が必要と思い知ったので良かった。子供2人にべったり手をかけながら家に居る時間が長かったので押入れから食器棚まで、家の中の夫の部屋以外年末の大掃除を終えることができた。明日の雨予報の雨量次第で来週から稲刈り一ヶ月、小麦の播種と大豆の刈取りなどに伴う事柄終われば正月が来る。そんなわけで生協の宅配員の若い女性に「うちは来週から怒涛の日々を終えたらもう正月が来ていると思う」と言ったら、全然通じずポカンとされてしまった。きっと3ヶ月あれば一恋できるくらいに若くて、毎日が辛くも楽しいときなのだろうと思う。宅配員の女性のことを我が家ではオネンジャと呼んでいるのだけど(息子流の“おねえさん”がオネンジャなのだ)、オネンジャも恋をしていつか子供が欲しいと言い時々恋愛話を嬉しそうに喋りながら宅配してくれる。微笑ましい限りなのだけれど、大掃除で見つけた写真(この写真)を見て産後鬱にはお気をつけてとアドバイスしたくなった。3年半前のこと、私はほとんど覚えていないし、息子のゼロ歳時の記憶がない。本当にない。産前産後は毎日のように泣いていたし、誰かに助けて欲しい一心だったような気がする。そういうことを全部忘れて生まれて来た娘の育児は楽しく、涙も出ず、未来を感じて仕事に励むこともできて息子のときと大違いだ。風邪をひいていても咳が止まらなくても未来を感じられる心に、成長したナー、と我ながら褒めてやりたくなった。生きているといろいろあるけれど、心の健康がすべてを支配しているのは確かで、現代の病気や動向がついつい心配になってしまう。
Img_7637123dd789c4eb01709cfae5fcfa2b
言葉にならない日々、よって写真掲載。
息子の大好きなウルトラマンR/Bのおかげで、過去は置いておいて今目の前にあるものと、自分(咳のし過ぎで肋骨疲労骨折中)の現在を如何にするかが重要と判断。学びの秋。
Img_ce6dee72aa8b9f599e240c7bf7133ea2
Img_90817b2fd44a9aa0d131f3d1471df607
Img_046b6b6dccf4942e3f03e499f033bf92
Img_e10681f55a944fb768607e9b230efaba
Img_c3791af413cdc5b1f9b3032f306dbeaa
Img_8bf90e3881d195582c173b11c38c3328
干し柿100個、娘を庭に放ち子守しながら、達成!

あと100個くらいできそうだけれど、花豆は採りどきで、唐辛子は干されるのを待っていて、ズッキーニは種取りで、菜花用の白菜の定植と、茄子の片付けが先かな、なんてやっているうちに柿は熟して鶏のエサになるのだろうなあ。
夫は毎日米、米、米の作業。今年は唸るほど、見たことのない量が(かつて手を出したことのない面積をやりきって)採れている。もちが3種、うるちも3種、早速新米をいただいているのだけれど美味しくて唸っている。ありがたい、ありがたい。小麦の播種と大豆の収穫、それから残りの蓮根収穫が待っている。

今日はぐっと寒くなり、八ヶ岳は雪でうっすら白いらしい。風邪引かず、年末までにこやかにやりたい。
Img_ffbbf6ef4fbcd06531dd54f309884d25
Img_dc71ad0596ec9430c36ae6523d042d90
Img_730b7ba86c99abcc6a749e369f80fbff